「やってやらねえ事はねえ」が
 モットーのデザイン屋さん

「やってやらねえ事はねえ」が
モットーのデザイン屋さん

dscf3889-2_20201210185353025.jpg dscf3897-2.jpg dscf3885-2_20201210185353026.jpg dscf3882-2_20201210185352707.jpg

最近やらせて頂いたお仕事

[%article_date_notime_dot%] [%new:new%] 

[%title%]

[%category%]

やってる事

創造工房アトリヱこかげが「デザイン事務所」を謳わない最大の理由

グラフィック・ウェブ・UI等のデザイン製作

「デザインできるものは何でも作る」がモットーの当アトリエにまずはご相談ください。「あったら良いな」をカタチにするのが得意です。

写真・動画の撮影から編集・アルバム制作

ホームページやパンフレットに用いる写真素材の撮影もシームレスにアトリヱこかげが撮影をします。昨今必要性が増した動画案件もお気軽にご相談ください。

内装制作や看板などの制作・設置・施工

ここからが当アトリエが「デザイン事務所」と謳っていない最大の理由です。「モノづくり稼業」でやらせて頂いているので、液晶画面に留まらないお仕事もお受けしております。

 

映像作品の空間設計・背景美術制作等

一般的に言われる「大道具・小道具」の類いもアトリヱこかげにお任せ下さい。アトリエの設備をフル活用して「無い物は作る」のが私たちの信念です。

こだわりが過ぎて一人親方になった人が代表です。

村上 ケンタ

 
1992年 神奈川県出身
 
幼少期から図画工作に明け暮れる日々を過ごし、Macintoshでイラストや3Dグラフィクスを自主的に制作。 美術系大学中途退学後いきなりフリーランスデザイナーとして独立。絵画教室を主催しながらITベンチャー、インターネットテレビ局、広告代理店などの現場で活躍。
 
近年は経験してきたノウハウやアトリエの設備を活かし活動の幅を広げ、映像広告、MVの編集や背景美術の制作も着手。
 
昨今やっと知名度を得た「発達障害」を生まれながらに持っているので、お仕事に対するこだわりだけは誰にも負けません。

 \移転しました/

2021年11月より、箱根町に事務所を移転しました。移転を記念して直接お会いした方に限り30%OFFでお仕事を承ります!